性病検査 方法 ばれない

「当店は黒毛和牛のA5の肉を使用しています」
ステーキハウスや高級な焼肉店でよく見かけるフレーズだ。「A5の肉」は最上級の証、使用している店の価値を引き上げる魅力があるものとして広く認知されている。

 

あなたは「A5」のお肉がどんなお肉かご存じだろうか??実際、「A5ランク使用」の広告が貼ってある店内を見渡してみても、A5の肉がいったいどんな肉であるか、説明書きまでついている店は少ない。ほとんどの人はA5の肉という言葉を聞いても「霜降り」「やわらかい」「とろける」などといった表現しか浮かんでこないだろう。

 

格付けがなされている以上、そこには明確な基準があるはずなのである。「A」とはいったい何を表す記号なのか?「5」とはどのような状態を示す値なのか??そして、「A5」のお肉というものは、本当においしいのだろうか?A5の肉の知られざる真実を解説しよう。

 

簡単に言えば、「どれだけお肉が取れるのか」「霜降りはどのくらいあるのか、外観から判断されるお肉の状態はどうか」といった観点から、いちばん高い格付けとなったお肉が「A5」ランクなのである。

 

市場では、天井に這うレールに吊られた枝肉が列になって検査官の目の前を流れていき、何人かの検査官が「目視」でチェックし、その場で「A5」や「B4」と書かれた赤いハンマー状のはんこをポンッと枝肉に叩いていく。以上で、枝肉の評価が確定し、競りにかけられるのである。ただ、果たしてこの評価基準の中に「お肉の美味しさ」を示す尺度がどれだけ含まれているだろうか?

 

肉牛の値段は、「重量×単価」で決まる。これは枝肉の競りでも、消費者が家庭用に肉を購入する場合でも同じことである。重量を決めるのは体の大きさ、単価を決めるのは脂の入り方に重要なポイントがある。重量と単価、それぞれの数字が大きいほど値段は上がり、生産者は儲けることができる。実際には食べてみて、生産者を選ぶのが良さそうですね。